【荒野行動】HDRを付けると何が変わるの?効果やメリットを解説

目安時間:約 6分



 

荒野行動は設定できる項目が多いので自分好みにカスタマイズしやすいです!

しかし設定できる項目が多すぎて「これ何の意味があるの?」っていう設定も少しあります(^-^;

 

その中で今回は画質設定のHDRについて解説したいと思います!

 

  • HDRを付けると何が変わるのか
  • HDRを付けるメリットデメリット

 

を解説します!

 

 

HDRを付けると何が変わるか

 

HDRを付けると変化するのは2つです。

 

1つずつ解説します。

 

 

画面が鮮やかになる

 

これは明らかに変化します!

HDRを切ったり付けたりしてみるとわかりますが、全体的に鮮やかになって見やすくなります。

 

この画面が鮮やかになる効果?の影響かはわかりませんが、空の雲も濃くハッキリと見えるようになります(^-^;

まぁ荒野行動で雲見ることないですけどね。

 

ドットサイトの点が小さくなる

(HDRなし)

(HDRあり)

 

これはとても微妙な変化なのでわかりにくいです。

 

HDRを付けることでドットサイトの赤い点が少し小さくなります。

↑の画像では的の黄色い部分が見えるようになったことから赤い点が小さくなったことが分かると思います。

 

 

HDRを付けるメリット

 

HDRを付けるメリットは2つあります。

 

  1. 索敵しやすくなる
  2. ドットで敵を倒しやすくなる

 

1つずつ解説します。

 

メリット①:索敵しやすくなる

 

HDRを付けることで画面が明るく、鮮やかになるため敵を発見しやすくなります!

 

画面の明るさなどでもある程度索敵しやすくはできますが、HDRを付ければ明るさだけじゃなく”くっきりと”と見えるようになります。

 

特に遠くの敵など気が付きにくい敵を見つける時、HDRがついているのとついていないのとでは見つけやすさが変わります。

 

 

メリット②:ドットで敵を倒しやすくなる

 

HDRを付けることでドットサイトの赤い点が小さくなるので、より遠くの敵を狙いやすくなります。

 

300~400m先の敵になってくると「ドットサイトの点よりも敵が小さい」ということもザラです。

より正確に敵を狙いたい、より正確にヘッドを狙いたい。

 

そういう方はHDRを付けるとやりやすくなるかもしれません!

 

 

HDRを付けるデメリット

 

「索敵しやすくなるしドット見やすくなるしHDR最高じゃん!」と思うかもしれませんが、デメリットもあります。

 

デメリットについても解説していきます!

 

デメリット①:バッテリーを消耗しやすくなる

 

画質設定の項目すべてに書いてありますが、HDRなどの効果を加えるとバッテリーを消耗しやすくなります。

 

HDRの場合は画面が明らかに明るくなるのでよりバッテリーを消耗しやすくなるのはなんとなくイメージできますね(*'▽')

 

あとは端末のスペック次第ではHDRを付けると若干重くなることもあるみたいなので、動作に何か支障が出る場合はムリにHDRを付ける必要はないでしょう。

 

デメリット②:ドットで狙いにくくなる

 

これまでのドットサイトに慣れている人だとHDRを付けて赤い点が小さくなることで、若干違和感を覚える人もいます。

 

赤い点が小さくなるということはより細かく狙えるということです。

ただ細かく狙えるようになると「もっと頭を狙おう!」のように欲が出てきて普段よりもエイムがぶれやすくなることもあります。

 

練習をすればHDRを付ける前よりも高い精度で敵を倒すことができますが、それまでは多少の慣れは必要です。

 

デメリット③:ブレてるように見えやすい

 

これは荒野行動のプレイ動画を配信している人によくある話です。

 

やはりARは無反動で決めているところがカッコいいので、HDRを付けて赤い点が小さくなるとブレが大きく見えやすいです。

実際の精度は変わっていないはずですが、ドットの点が跳ねているように見えるだけで「へたくそ!」と言われることもあるようです。

 

特に配信していない人には全く関係のない心配ですが、後々荒野行動でキル集を作りたいとか配信したいと考えている人はHDRなしの状態で練習しておくのが良いかもしれません。

 

まぁHDRを付けた状態でも無反動にできるのがベストなんですけどね(^-^;

カテゴリ:荒野行動  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



ページの先頭へ