荒野行動初心者はどういう練習をすればいいの?おすすめ練習法!【荒野攻略】

目安時間:約 15分



 

荒野行動に限らずゲームで勝てない時によく思うのが「なぜ勝てないのかわからない」ということですw

 

上手い人は上手すぎるけど下手な人はとことん下手。特に荒野行動はその差が顕著ですよね(^-^;

 

 

そこで実際に僕が実践して上達した!と感じた練習方法をまとめました!

 

 

荒野行動の練習方法

そもそも荒野行動で何を練習すれば勝てるようになるんだ?と思いませんか。できることが多く動きも多いので、自分のどこがダメで何を改善すればいいのかわかりにくいです。

 

そこで勝つために必要な4つの練習をそれぞれまとめました!

 

アサルトライフル

1つ目はアサルトライフルの練習です!

 

荒野行動のアサルトライフルは正直強すぎますw通常FPS・TPSなどのゲームでは倍スコアサルトライフルが必要だったり、弾道落差を計算して撃つ必要があったりします。

 

しかし荒野行動はドットサイトを付けるだけで近距離から遠距離の敵まで全距離に対応することができます!なので荒野行動で勝てるようになりたいという方はまずアサルトライフルを練習しましょう!

 

まずは1つだけ練習

荒野行動にはアサルトライフルがいくつか種類があります。アサルトライフルは種類によって反動やリココン(リコイルコントロール)のやり方が違うので、一度に覚えるのは大変です。

 

なので荒野行動初心者の方はまず1つのアサルトライフルに絞って練習することをお勧めします!1つのアサルトライフルを上手く使えるようになれば、他のアサルトライフルも同じ要領で使いやすくなります。

 

僕が個人的に荒野行動初心者の方に勧めたいのは

 

  1. M4A1
  2. 95式

 

のアサルトライフルです。これらのアサルトライフルは初心者から上級者までによく使われおり、極めればかなり強くなります。また、M4A1と95式はよく落ちている&よく敵プレイヤーが使っている武器なので使う場面が多いです。どのアサルトライフルを極めるか迷っているという方はM4A1か95式のどちらからか選ぶのが良いでしょう。

 

覚えるのはタップ感覚とリココン感覚

アサルトライフルを使い慣れるってどういうこと?と思うかもしれません。簡単に言ってしまうとタップリズムとリコイル感覚を覚えてしまえばOKです。

 

荒野行動では射撃ボタンを押しっぱなしにすると反動でとんでもない方向を狙ってしまいますwとても人間に制御できるものではありませんw

 

 

しかし射撃ボタンをある一定のリズムで押し続けることで、反動は少なく・でも弾は押しっぱなしの時と同じくらいのペースで撃つことができます!このタップリズムはアサルトライフル毎に違いますし、また1種類ではありません。例えばM4A1の中でも2発撃ち・3発撃ち・4発撃ちなどのタップリズムがあります。全てを使い分けることができるのが理想ですが、最初はどれか一つを意識して練習しましょう!

 

あとはリコイルコントロールです。リコイルコントロールというのは銃を撃った時の反動を抑えるという意味です。リコイルコントロールが上手い人ほど反動がなくなり、遠くの敵でも正確に撃ち抜くことができます!

 

反動はアサルトライフルの種類によって違うので、そういう意味でもアサルトライフルは1つに絞って練習をした方が良いです!また、感度も重要になってくるのでこちらの記事を参考にしてください↓↓↓

 

荒野行動初心者におすすめの設定とは?最強設定の考え方まとめ【荒野攻略】

 

 

スナイパーライフル

2つ目のやるべきは練習はスナイパーライフルです。

 

荒野行動では遠くの距離にいる敵もアサルトライフルで倒すことができますが、状況によってはスナイパーライフルの方が適していることもあります。

 

  • お互い木に隠れて睨み合い
  • 一瞬で敵を倒したい時
  • 相手のHPを大きく削りたい時

 

のような状況ではスナイパーライフルの方が適していますね!

 

敵が丸見えのところを走っている時はアサルトライフルの方がいいですが、敵が一瞬しか見えない時はスナイパーライフルでやった方が倒せる確率が上がります。

 

 

スナイパーライフルの撃ち方には2種類あります!

 

  1. スコープなしで大体合わせる→スコープ覗いて調整
  2. スコープ覗いて一気に狙う

 

の2種類ですね。1つずつ解説します。

 

スコなし合わせ→スコープ覗いて調整撃ち

これは通常感度が低い人におすすめの撃ち方です。

 

スコープ無しの状態で敵を大体狙って、スコープを覗いてヘッドに合わせて撃つという撃ち方です。まぁ特に意識せずともスコなしの状態である程度エイムを合わせると思いますが、より意識してエイムを合わせるという感じです。

 

この撃ち方を極めると

 

  • 腰砂(スコープ無しで撃つ)
  • QS:クイックショット(スコープ覗く&撃つを同時にやる)

 

というカッコいい撃ち方ができます!

 

 

この撃ち方は通常感度・スコープ感度ともにそこまで高い必要はないので、序盤あまり激戦区に降りることがなく、中距離で戦うことが多いという人に適しています!

 

スコープを覗いて一気に狙う撃ち方

もう一つのスナイパーライフルの撃ち方はスコープを覗いて一気に狙うという撃ち方です。

 

これは通常感度が高めな人におすすめの撃ち方です。

 

 

通常感度が高いと遠くの敵を狙うのが難しいです。なのでスコープ無しの状態ではそこまでエイムを合わせず、スコープを覗いてから一気にエイムを合わせに行くという撃ち方になります。

 

敵からエイムが離れている状態からエイムを合わせにいくので、スコープ感度も高くする必要があります。なのでこの撃ち方は目で見て撃つというよりも感覚的な部分が多くなります。

 

この撃ち方を極めると

 

  • DS:ドラッグショット(エイムを止めることなく相手を撃ち抜く)

 

という撃ち方になります!これもまたカッコいいプレイですし極めたらとても強いですね。カッコいいだけではなく、汎用性が高いのでスナイパー猛者になるなら習得は必須だと思います。

 

練習方法は「スコープ覗いてエイムを止めずに撃つ」を繰り返して感覚を掴むしかありません。イメージとしては音ゲーに近いかもしれません。タイミングよく押すという感じですね。エイムが敵のヘッドにあった瞬間に射撃ボタンを押す。そのタイミングを身体に覚えさせることができれば、「狙うぞ!」という意識があまりなくても敵を倒すことができます!

 

 

キャラコン

3つ目の練習するべきことはキャラコンです!

 

アサルトライフルとスナイパーライフルは遠くの敵と戦う時に使うことが多いですが、キャラコンは建物戦など敵との距離が近い時に使うことが多い技術です。

 

キャラコンにはこんな種類があります。

 

  • ジャンプ撃ち
  • 伏せ撃ち
  • しゃがみ撃ち
  • リーン撃ち

 

基本的なキャラコンはこれくらいですね(*'▽')あとはこれらのキャラコンをいかに組み合わせ、適した状況で使えるかが重要です!

 

 

キャラコンの練習方法

キャラコンの練習方法は”慣れ”しかありませんが、慣れる上で重要なことがあります!

 

それは”自分の指の動きを意識する”ということです。荒野行動のような複雑な動きをするゲームを夢中でやっていると意外と自分の指の動きが見えていないことが多いです。

 

なのでボタン配置を自分の指では難しい配置にしていたり、ある特定の動きがやりにくいボタン配置になっていたりすることもあります。

 

  • 自分が押しやすいのはどこか
  • とっさに押したいボタンはどれか
  • 動きを組み合わせやすい配置は?

 

 

などを試行錯誤して練習することでスムーズにキャラコンすることができます!

 

ゴールは全てのボタンを透明にしても問題ないっていう状態です。ボタン配置に慣れていないうちは目でボタンの位置を確認してから押す必要があります。いちいち目で確認しているとその間にやられてしまいます(-_-;)

 

なのでまるで自分の身体を動かしているかのようにキャラクターを操作できるようになるまで実戦で経験を積むしかありません!

 

 

またYouTubeにはめちゃくちゃキャラコンが上手いプレイヤーがたくさん動画を出しているので、それを見てどういうタイミングでどういうキャラコンをするのかを研究するのもいいですよ(*'▽')

 

 

立ち回り

最後の練習は立ち回りです。

 

荒野行動のようなシューティングゲームには必ず”有利になる”場所があります。常にその有利な場所を取り続けるように意識して動けば勝率はだいぶ上がります!

 

例えばこんな場所です。

 

  • 高い場所
  • 射線を切りやすい場所
  • 逃げやすい場所

 

これらが基本的に有利な場所になります。

 

例えば自分は木に隠れて、敵が何にも隠れず走ってきたとしたらほぼ負けることはありません(ちゃんと当てる必要ありw)。荒野行動はHPが溶けるスピードが早い方なので、

 

  1. 敵が木からひょっこり出てくる
  2. エイムを合わせる
  3. 撃つ

 

という流れでは間に合いません。後出しの方が大抵負けます。TPSなので物陰に隠れていても敵が見えますしね。

 

 

建物の構造を把握する

あとは建物の構造を把握することも大事です!

 

荒野行動は結構建物の縁を利用することが多いです。「窓から出て縁をたどって隣の部屋に行く」のような動きです。

 

 

また、マンションなどは自由度がかなり高いので慣れていないとなかなか勝つことは難しいです。荒野行動は近くに敵がいれば足跡が表示されますが、この足跡は”上下”を判断することができません。

 

なので敵が上にいるのか下にいるのか、建物の構造を把握してさらに敵の動きをイメージしないと場所を特定できません。慣れてくるとマンションで敵がどこに隠れたかも大体検討がつくようになります。

 

 

車を乗り回すのが強い!

荒野行動の武器はスキンによって強さが変わることはありません。ただし車スキンは性能が段違いになりますw

 

特に強いのはセダンスキンですね。簡単に時速100kmを超えるスピードを出すことができますし、小回りがよく利きます。小回りがよく利くとロードキル(敵をひいて倒す)しやすいので圧倒的に有利になります。

 

また、初速も段違いです。荒野行動の車はスキンなしだと初速が死ぬほど遅いので、発進した直後に集中砲火されることが多いです。しかしセダンスキンは初速が異常なので簡単に逃げ切りが可能です。

 

 

なのでもしセダンスキンを持っている場合は常にセダンを乗ってマップ上を走り回れるようにするとだいぶ安定した立ち回りができます。流れとしては

 

  1. 車を乗り回す
  2. 敵が撃ってくる
  3. その敵から距離を置く
  4. 中距離で戦う

 

となります。キル数も稼ぎやすいのでキルレを高くしたいという方は車を最大限生かした立ち回りがおすすめです!

 

立ち回りの練習は上級者を参考

立ち回りは練習というか”知っていれば”即実践することができます。

 

なので細かい立ち回りなどは上級者の動画を見て参考にするといいでしょう。荒野行動以外のFPSやTPSなどのゲームでも基本的に強い立ち回りは似ているので、一度覚えてしまえばOKです。だんだん当たり前になってきます!

 

 

練習は毎日コツコツ!

荒野行動に限らず練習は1日にドカン!とたくさんやるよりも、毎日コツコツやる方が上達が早いです。なので少しでもいいので毎日荒野行動の練習をすることで感覚を養いやすくなります。

 

毎日やっていれば気が付いたらだいぶ強くなっている自分に驚くでしょうw僕はそうでしたw

 

「射撃場ではできるんだけど実戦でできない!」と嘆いている方が多いですが、それは単に練習不足です。とっさにハイクオリティの動きをする必要があるので、それを当たり前のようにやるためには「射撃場では100発100中でできるのは当たり前」くらいのクオリティを出せないと実戦では役に立ちません。

 

意識せずとも100の力が出せるように頑張りましょう!( `ー´)ノ



カテゴリ:荒野行動  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ