【荒野行動】右上射撃って強い?メリットとデメリット・向いている人

目安時間:約 4分



 

管理人レオ

右上射撃って難しそう・・・

 

荒野行動の猛者って右上射撃の人が結構いますよね。右上に射撃ボタンを置いて、射撃とエイムを右手でやるという方法です。

 

荒野行動公式が推奨?しているのは左上に射撃ボタンを配置して、右手親指でエイムするという形です。まぁ、実際左上射撃にしている人が結構多いと思います。

 

 

ただ「左上射撃でやってもなかなか上達しない!」という人は右上射撃に変えてみるともしかするとやりやすいかもしれません!

 

 

そこで今回は右上射撃のメリットやデメリット、そして向いている人を考察・まとめてみました!

 

 

右上射撃のメリット

まずはメリットについてです!

 

右上射撃がやりやすいと感じる理由は以下です。

 

  • 右側に射撃関連、左側にキャラコン関連がまとまるのでやりやすい
  • 射撃ボタンが右にあることでエイムをする指が安定する
  • 左右に振りながら撃つのがやりやすい

 

などがやりやすいと感じる理由です。

 

 

確かに移動と射撃のボタンがちゃんと分かれていたらやりやすそうです。あとはエイムをする指が荒ぶってしまうという人は射撃ボタンとエイムを右手にすることで親指が大きく動くことを防ぐことができますね!

 

 

あとは撃ちながら移動しやすいというメリットがあります。腰うちで左右に振りながら攻撃しやすくなります。

 

 

右上射撃のデメリット

続いてはデメリットです!

 

  • 右手親指が窮屈になる
  • 慣れるのに時間がかかる

 

などがデメリットですね。

 

メリットの方で親指が安定するといいましたが、それは言い換えると可動域が狭くなる・窮屈になるということです。

 

 

今まで指を大きく動かすことでエイムを合わせることに慣れていた人にとっては右上射撃にすると結構やりにくいかもしれません。

 

 

また、これまで左上射撃でやってきた人は左上射撃に慣れている分、右上射撃に慣れるまで時間がかかります。右上射撃を練習しているうちに「もう左上射撃でいいんじゃね?w」ってなります(経験談)

 

 

まとめ:気分転換で右上射撃しても良いかも

荒野行動の面白さの一つに配置替えっていうのがあると思います。新しい配置にすると慣れるまで時間がかかりますが、真剣にやっていくうちに慣れていきますよね。

 

 

その過程も楽しめるポイントだと思うので、これまで左上射撃だったけどあまり上達しないという方は気分転換・お試し感覚で右上射撃の配置を考えてみると面白いですよ!

 

 

 



カテゴリ:荒野行動  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ