【ゲーム脳】FPSやTPSで必要な右脳力を鍛えるためのトレーニング方法!

目安時間:約 8分

 

やぁやぁレオです。

 

今回はゲームの内容ではなく、ゲームを上達するための脳トレについて書いていきたいと思います!

 

 

FPSやTPSに必要なと書いていますが、FPSとTPSが顕著に表れるというだけの話で他のアクションゲームでも必要になってきます。

 

 

 

ゲームに必要なのは右脳?

 

人間には大きく分けて2つの脳があります。それは右脳と左脳ですね。

 

 

左脳は言語や論理的な思考をする際に使う脳。

 

右脳は空間認識やイメージ、想像力などに影響する脳。

 

 

です。そしてゲームで重要な役割を果たすのが右脳です。

 

 

右脳は情報処理能力がとても高く、FPSやTPSなど瞬時に判断しなければいけないゲームにおいては重要になります。また、”感覚”というのも右脳が大きく関係しているので、「感覚的に敵を倒すことができた」「とっさに撃ったら敵を倒せた」ということが多い人はただ単にラッキーなわけではなく右脳が発達しているのかもしれません。

 

 

ゲームが上手い人のプレイ動画を見てみるとわかると思います。ほとんど見えないような敵を撃って倒したり、瞬時にエイムを合わせて倒したりした時、倒した本人ですら驚いていますよね。これは感覚的に操作したため自分でもあまり意識していないためです。

 

 

右脳の鍛え方とは?

 

右脳を鍛えるというとちょっと難しい気がしますが、我々は普段から脳を使っているのでそれを意識的に多くしたり変えてみたりすればいいだけです!

 

 

まず具体的なトレーニングを5つ並べてみました。

 

  1. 超高速音読
  2. 絵を描く
  3. 左手を使う
  4. 瞑想
  5. 映像記憶

 

1つずつ解説していきます!

 

 

1.超高速音読

「音読って言語だから左脳を使うんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、とても早いスピードで音読をすると右脳の力を借りることになり、結果的に右脳が鍛えられます。

 

声量はそこまで大きくなくてもよいので、常に限界スピードで音読をするようにしましょう!

 

 

1日30分~1時間が理想ですが、最初のうちは結構長く感じると思うので5分や10分から始めるのがいいと思います。

 

ネット上には音読中毒(?)のような人もいて1日4~5時間音読しているらしいですww喉が潰れてしまうw

 

 

本はどのようなものでもいいですが、文章になっているものがおすすめです。単語集などではなく。小説でも自己啓発本でもよいです。

 

 

2.絵を描く

絵を描くというのは映像的な作業なので、いやでも右脳を使う必要があります。

 

 

自分で想像して何かを描くのも、何かを写生するのでも問題ありません。

 

何かを表現するアーティストの方は右脳が発達しており、独創的なイメージで自分らしさを表現しています。

 

 

自分らしさを見つけるためにも絵を描いてみると面白いですよ!(*'▽')

 

 

3.左手を使う

 

これは皆さんご存知かもしれませんが、不思議なことに司令塔(脳)と従う方は左右逆になっています。

 

身体の左半分→右脳

 

身体の右半分→左脳

 

ということです。

 

 

そのため左利きの人の方が独創的な人が多いということになります。もちろん右利きの人でも右脳が発達している人はたくさんいます。

 

 

ただ左手を意識的に使うことで、普段使っていない脳を使うことになり脳が発達していきます。

 

 

文字を書く・箸を使う・ゲームをするなど全部左手を意識して使ってみましょう!

 

 

4.瞑想

続いて4番目は瞑想です。

 

瞑想と聞くとお坊さんや宗教を思い浮かべる人がいますが、それは違います。

 

 

瞑想というのは科学的にも右脳が鍛えられると証明されているれっきとしたトレーニングです。

 

まぁトレーニングというよりも脳のデトックスというイメージです。

 

 

 

瞑想のやり方は簡単にまとめるとこんな感じです!

 

「頭を空っぽにして呼吸を整える!」

 

以上!(*'▽')

 

 

瞑想にもいろいろな種類があるので、興味がある方はいろんな瞑想を試してみましょう!毎日やっているだけで頭がスッキリしますよ!

 

 

5.映像記憶

最後は映像記憶です。

 

みなさんは本を読んで何かを暗記したとします。そして何も見ずに本の内容を思い出す際、”言葉”で思い出しますか?それとも”映像”で思い出しますか?

 

 

それが右脳で記憶しているか左脳で記憶しているのかの違いになります。

 

人間は言語が発達したため、右脳をあまり使わなくなってしまい左脳で記憶する人が一気に増えてしまいました。右脳は左脳よりも何百万倍記憶することができるので、何かを覚える際は右脳を使って覚えた方が良いですよね。

 

 

意識的に映像で覚えようとすることで右脳が鍛えられていきます。映像記憶というと「先天性のもの」「一部の天才だけができるもの」というイメージがありますが、頭で何か映像を思い浮かべられる人間ならだれにでもできますw

 

 

もちろん一発で見たものを覚えることができるという人は少ないですが、まったく映像記憶ができないという人はあまりいません。

 

僕も頑張って一発で覚えられるようにトレーニングしたりしていますが、なかなか難しいですね(;´∀`)まぁ脳トレにはなると思います!

 

 

 

右脳を鍛えてゲームを上達!

今回は右脳をメインとしたトレーニングをまとめましたが、左脳でも右脳でも鍛えたらゲームプレイに関して何かしら得があることは間違いないですw

 

人間は幼少期右脳が発達しており、感覚的に何かを覚えることが容易にできていますが、年を取るとだんだん感覚をつかむのが難しくなっていきます。

 

なので意識して右脳を使いトレーニングすることで感覚をつかみやすくしていきましょう!

 

 

 



カテゴリ:脳トレ  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ