→最新記事はこちら

→全記事一覧はこちら

☟ミトラスフィアはこちらのサイトに移動しました

ミトラスフィアダッシュ

ミトラスフィア!聖導士がいない事件解消!周回の役に立つアップデートが来る!

目安時間:約 7分

ミトラスフィアで史上最強アップデートが来ます!(※個人の感想です

 

 

まぁ史上と言っても、ミトラスフィアの歴史はまだ数週間なんですけどww

 

 



 

 

今回のそのアップデートについてまとめました!

 

 

 

5職固定マッチングオプションが追加!

 

今後のアップデートで

 

「5職固定マッチングオプション」が追加されます!

 

 

これはどういう機能かというと

 

「職業が被らないようにマッチングする」機能になります!

 

 

 

なので、5人集まれば

 

剣術士・弓術士・護術士・聖導士・魔導士

 

のように味方が集まることになりますね!

 

 

 

 

このアップデート、地味なようですがかなり大活躍をします!

 

 

 

ミトラスフィアあるある

 

ミトラスフィアでよくある出来事として

 

 

「聖導士がいなくて誰も回復できない」ということが挙げられますw

 

 

 

まぁ魔導具で自己回復する人もいますが、回復量は微量ですよね。

 

 

 

 

全体回復や低確率での蘇生ができる聖導士はかなり重宝されています。

 

 

グランバトルやエクストラバトル、この前出たばかりの難易度エキスパートなどは

 

聖導士は必須と言えるでしょう!

 

 

 

 

 

これまでは「全員魔導士!」とか「剣術士と弓術士だけ!」ということがよくありました。

 

 

そうなるとほぼ負け確定ですwこちらのHPはジワジワと減っていくしかないのでw

 

 

 

 

そういう壊滅的な状況がミトラスフィアではよくあったのですが、

 

 

この「5職固定マッチングオプション」機能が追加されることにより解消されます!

 

 

 

 

 

まぁ5職バラバラじゃなくても「剣術士4人・聖導士1人」でもいいんですけどねw

 

 

どちらにしろ、聖導士が来る可能性が高い!というのはかなり嬉しいです。

 

 

 

 

ただ問題もあります。

 

 

 

マッチングが難しくなる

 

5職固定ということは、

 

 

「聖導士が足りない!」というチームのところには

 

もう聖導士しか入れないということですよね・・・。

 

 

 

 

ということは、人気の剣術士や魔導士以外は結構足りなくなるかも?しれません。

 

 

 

この固定マッチング機能を使う時は

 

 

今一番多くの人がチャレンジしているステージ

 

 

じゃないとマッチングの時点で厳しい状況になりそうです。

 

 

 

 

 

例えば今で言うと、グランバトル「マラグナ」ですね。

 

 

グランバトルだったり、イベントクエストをプレイしている人は多いので、

 

この固定マッチング機能をONにしたらマッチングしやすいかもしれませんね!

 

 

 

 

 


 

 

以上、5職固定マッチング機能まとめでした!

 

いつアップデートが来るか定かではないですが、

 

 

5職スコアアタックと同時、もしくはそれよりも先に実装されるようなので、

 

そこまで先ではないかもしれないですね(*'▽')

 

 

 

グランバトルのクリア率=周回のしやすさ=育成の早さ

 

なので、この固定マッチングで聖導士を呼びたいですねw

 

 

 

 

無料で海晶石をGETする裏ワザ!

ミトラスフィアの運営さんは結構海晶石を配ってくれる印象です。

 

 

しかし、その分装備の強化が難しい・・・(;´・ω・)

 

 

☆4の限界突破とか無課金ではかなり厳しいです。

 

 

そこで無料で海晶石を手に入れる裏ワザ!

 

僕もこの方法でミトラセプター(☆4の杖)を4個手に入れました!

 

 

一番左下がミトラセプターです!

 

最大レベルを見ていただきたいのですが、

 

 

 

ここまで限界突破するには計4個必要になります!

 

 

 

 

海晶石を無料で手に入れる裏ワザは

 

全てこちらにまとめているので参考にしてみて下さいb

 

無料で海晶石をGETする裏ワザ!

 

 


 

ミトラスフィアで遊んでいる方にはコチラもおすすめ!

 

PC級MMORPG!革命を起こしたスマホゲーム!



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ